IMG_20200607_130342.jpg

当 山 縁 起

縁 起

当山は身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗寺院である。

久遠の本師釈迦牟尼仏が説かれた『妙法蓮華経』(法華経)を読誦し

日蓮聖人によって体・表現された「お題目・南無妙法蓮華経」を唱える。

十界大曼荼羅を基とした一塔両尊四士、開祖説法座像を奉安置す。

文明14年(1482)3月、真乗院日春上人によって創立とあるが、

昭和期の調査にでは、文明4年(1472)の開山とされている(令和2年時点で548年)。

過去帳最古の記載は、約200年前のもの。

奉 安 置

宗祖御自作子安鬼子母尊神(九老僧日印の鑑定書有)

鬼子母神

子安鬼子母神

十羅刹女

三ヶ根大黒天

身代わり大黒天

七面大明神

妙見大菩薩

三十番神

​行学院日朝像

寺 物

身延11世日朝、22世日遠本尊(准宗宝)

養珠院殿お万の方金糸一遍首題 他

​鰐口(市重要文化財)

三河大地震の地割れ

昭和20年1月13日早朝、三河大地震が発生。

境内地にはその影響による「地割れ」が現存し、

蒲郡市の保護の下、見学が可能である。

本堂は明治13年に3回目の建て替えとされる。

近 年

龍明院日幹上人(宗徳寺住職第30世・先代)入山以降、檀信徒の協力にて、改修幾度。

本堂西側増築、屋根総葺き替え、番神堂改修、御歴代廟整備、無縁塚整備、永代供養塔建立

 

   三ヶ根大黒天 

圓妙山 宗徳寺

愛知県 蒲郡市