慶讃企画公表から

※慶讃特設サイトには↑の御首題帳画像をタップするとアクセスできます 17日に全情報を公開し、早10日程経ちました。 4つの柱を立て「守護神がたの修繕寄付」を募らせて頂いております。 ①御首題帳 ②御首題 ③お守り ④写経写仏...

第10回online terakoya 縁「ナイト法要」ライブ配信告知

【夜のお寺から】 〇日時 2/16(火) 午後9:00~ 〇視聴手段 インスタライブ(宗徳寺Instagram https://www.instagram.com/soutokuji) 〇内容 ⓪『涅槃図』紹介(お釈迦様のお亡くなりになった御様子の掛け軸・命日2/15)...

日蓮聖人御降誕800年

2021年は、日蓮宗の開祖「日蓮聖人」がお生まれになって800年の節目の年です。 全国的に日蓮宗をあげて「慶讃」事業を行う予定でありました。 しかし、コロナ禍になり「延期・中止」が相次ぐ現状に。。。 そこで、当山独自の「慶讃企画」をしよう!ということになりました。...

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 コロナ禍につき大晦日は、除夜の鐘を中止。 報恩水行とお参りのみ行いました。 ありがたいことに 一般有志の方とかぶらせて頂き 参拝者様にそのお手伝いもして頂きました。...

もう11月

気づけば11月。あっという間に時が過ぎていることに、いつも驚きます。 (毎度言ってる気もしますが・・・) 🔸水 行 さて 私事ではありますが、 11月1日から2月10日まで(100日間)「水行修行」を行います。 本来ですと、この期間は「日蓮宗大荒行堂」が開設されるのですが...

御首題御朱印の書置き再開 などお知らせ

こんにちは。 大きく2点のお知らせをさせて頂きます。 【 お知らせ1⃣ ~御首題御朱印の再開について~ 】 ←画像向かって左側 :再開後10月の御首題御朱印 ←画像向かって右側 :コロナにより急遽休止した2月当初の御首題御朱印(ある分で終了)...

今年も残り3ケ月

早いもので明日から10月。 令和2年も残すところ、3ケ月。 令和2年は七赤金星の年。 コロナウイルスの影響により、奇しくも九星通りに大きく経済が左右されてしまいました。 つまるところ、 どうなるか分からないコロナに右往左往することよりも、...

OBON!!

コロナの第2波が、愛知にも広がり、再び緊急事態宣言が発令されました。 皆様、何卒お気をつけてくださいませ。 さて あまりに長い梅雨が明け お盆の季節がやってまいりました! 今回は「世界のお盆?」と一緒に「日本のお盆」について書いていこうと思います! 日本のお盆は最後にして、...

ひとこと と 8月の電子御首題御朱印 と 8月オンライン寺子屋

早いもので、あと数日で8月です。 長い「梅雨」も、そろそろ開けそうですね。 近年毎年のように「今年は異常だ」と耳にします。 コロナウイルスの「第二波」も到来し、豪雨災害が発生し、中々気の休まらない日々が続いております。 どうぞ、ココロだけは、どんな時も晴れやかでいたいもので...

蓮の8つの徳(特徴)

先日、檀家さんから「古代蓮」を頂きました。 その蕾が今朝開き、美しい蓮華を見させて頂きました。 さて、皆様 蓮には8つの徳(特徴)があることをご存じでしょうか? 良い機会を賜りましたので、ご紹介いたしますね。 【 蓮の八徳 】 その① 華果同時 ケカドウジ...

ご案内だったり、雑談だったり

画像は、7月のお寺行事の一つ「ほうろく灸祈祷会」です。 ●「ほうろく灸」って? 頭の上に「素焼き」のお皿(写真中茶色のお皿)を乗せ、そのうえで「もぐさ」のお灸をすえます。頭上(つむじのやや手前)には「百会・ひゃくえ」と呼ばれるツボがあります。こちらのツボ、読んで字のごとく「...

第2回 online terakoya 縁 6/28 pm2:00~

●内 容:第2回 開催は明日 6/28(日) pm2:00~(40分間) ●テーマ:「身近な仏語」 ●対 象:どなたでも参加して頂けます ●参加者プチプレあり ●参加方法:HP内「online terakoya 縁」のページ内、「参加ボタン」から。(事前に「zoom]アプリ...

通信写経写仏の証「電子御首題御朱印」の変更

お世話になっております。 宗徳寺副住職でございます。 当山が提供させて頂いております「通信写経写仏」。 有難いことに、テレビやyoutube等に取り上げて頂き、大変多くの方にお取組み頂いております。 お取組み頂いた皆様、誠にありがとうございます。...

宗徳寺と申します

はじめまして。 この度、きちんとホームページを整えることになり、新規公式ホームページを作成いたしました。 なにせ、初めての作業ということもあり、ご覧になる皆様にはご不便をおかけしてしまうかもしれませんが、どうぞお手柔らかにご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。